全ては心の中だ、今はそれでいい。

日々の事を書こうかと思ってるけど、いつまで続くやら・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

負圧化の概要

 迷ってたのですが、概要を公開することにしました。どっちみちイノカツから発売されれば変わらない事ですしね(笑)
私がM16を負圧化するに当たって参考にしたのは、前述の通り東京マルイのHi-Capaです。
もし作業される方が居た場合ですが、マルイの負圧の動作が理解出来ている事、弾速測定の手段を持っているのが前提となります。判らない方は危険な恐れがあるので、手を出さない方が身の為と存じます。。。

内容自体は、知ってしまえば『そんなものでいいの?』で済んでしまうような事です。

①フローティングバルブの動作を逆にする。
通常状態ではFバルブが後退している位置に来るようにするため、ノズル側にスプリングを挿入します。
DSC00466 のコピー
この様になります。(後方に追加してある黒いパーツは後述します)
私はKSCのM93Rハイキック用のバルブスプリングを使用してますが、押しが弱くて径が5~6mmくらい(ノズル側の穴が4mmあり途中で1mm拡がっているので、そこに仕込む関係上)の間なら大丈夫かと思います。
すると、Fバルブが前進した際スプリングの厚さが邪魔をして、ノズルへのガスカットが働きません。 写真のようにFバルブの段を削り取る方法と、ローディングノズルをボーリング加工して段差を拡張する方法があります。
私は長いハイキック用のスプリングを組み込んだ関係上両方併用していますが、短いスプリングならFバルブの加工だけでクリアできます。

②フローティングバルブの動作範囲を規制、又ボルトキャリアが戻る際のガスの逃げを作る。
こちらはもっと簡単です。フローティングバルブ・ガイドにスペーサーを挿入するだけで済みます。
DSC00460 のコピー
この様な感じです。6mmのアルミパイプで製作してますが、初期はエアータンク用の6mmホースを使ってました。 このスペーサーの幅が動作範囲を、彫った溝がガス抜きになります。必ずしも溝である必要はないですから、一部を60度ほど切り取ってしまってもOKです。

加工は以上になります。
さて、どういう風になるのかと言うと、
Fvalve のコピー
となります。 Fバルブに付いていた黒いパーツはFバルブ・ガイドと接触し、初期位置を決めるためのパーツです。Fバルブ・ガイドをもっと延長して直接Fバルブを押さえる事も出来るのですが、気流を考えるとこの方が良いような気がしたのでこうなってます。

これはあくまで私の試行錯誤に基づく作製なので、もっと効率の良いシステムもあるかと思います。が、現在の所知識の限界と言ったところでしょうか・・・^^;
パワーは絶対にチェック下さいね。私がもっとも神経を尖らせている部分ですので。。。
  1. 2008/12/16(火) 14:36:48|
  2. WA M4
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<内部カスタムパーツについて思うこと | ホーム | こんな時代もありました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://l522.blog83.fc2.com/tb.php/20-d1ca0d57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

けーにっひ(大砲鳥)

Author:けーにっひ(大砲鳥)
当ブログに掲載されている内容の一部又は全部を許可なく転載する事を禁じます(DLリンク含)。
同時にトップページ、該当ページを問わず掲示板等にリンクする事を禁じます。

カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

ゲーム (114)
ETS2/ATS (28)
PSO2 (18)
PCゲーム (1)
EQⅡ (23)
PSP (9)
プリストンテール (27)
ミリタリー (28)
WA M4 (21)
趣味 (55)
CG (41)
クルマ (2)
その他 (19)
日記 (9)

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。