全ては心の中だ、今はそれでいい。

日々の事を書こうかと思ってるけど、いつまで続くやら・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハイレゾ音源の勘違い?

ウォークマンの新型が良いらしい・・・。
ずっとNW-A867から乗り換えられずに居たのですが、幾つかのレビューを見る限りA867の上を行く音の様です。
これは俄然興味が出てきました。

そのウォークマンとはNW-F880シリーズで御座います。
この後更にNW-ZX1と言う機種も控えているのですが・・・。
この2機種を見ると単なる上下関係と言うより対象としてるユーザーも違いますね。
F880は本体のみでも良いのは勿論ですが、デジタルアウトが可能になった事によりヘッドフォンアンプPHA-2と組み合わせたい人向けぽいです。
逆にZX1は本体のみで聴きたい人向けです。
とは言えZX1もデジタルアウト可能なのでPHA-2と組み合わせは出来るのですが、背面に特徴があるごついデザインな関係上重ねて携帯はしにくいですよね^^;

と言う訳でF880を本体のみで聴こかなと思って購入を検討してます。
あれ、PHA-2は?とか言わない。
そんな予算どこにあるんですかっ!(笑)
なお、調べた所それぞれのヘッドホン出力はA860=5mW、F880=10mW、ZX1=15mWです。
A860ではある程度音量を上げると歪んできましたから、倍の出力だとそれだけ音に余裕も生まれてるでしょう。
それだけでも十分買いと言える要素です。


と、それは良いとして最近話題のハイレゾ音源のお話です。
最近はCDの音質を凌駕する音楽配信サービスが頑張ってるみたいですねー。
従来のCDが44.1kHz/16bitなのに対して96kHz/24bitや192kHz/24bitなどなど。
純粋に情報量で言えば3~6倍ですからそりゃ良いに決まってます。
私自身まだハイレゾ音源を聴いた事はないのですが、レビューを読むと勘違みたいな事を言っている人も結構居ますね。
なのでその辺りを説明してみたいと思います。
ちなみに、殆どちゃんとした資料を見ない状態で書きますので間違ってる所とかかなりありそう(笑)


CDを基準にして話を進めますねー。
『サンプリング周波数44.1kHz』というのは理論上22kHzの音までを記録出来ます。
まあ再現出来ると言う意味合いでは20kHzが上限でしょうね。
(可聴領域のほぼ上限である20kHzを記録出来る様に設定されたというのは結構有名ですよねー)
じゃあ、ハイレゾ音源たる96kHzや192kHzは・・・。
大体その半分までが記録可能な最大周波数なので45kHzと95kHz程度でしょうか?
こんな聞こえない領域の音を記録してなんか意味あるのと言う話はそれなりに出てきます。
正直言えば私には判りません^^;

重要なのはサンプル時間が短くなった事による波形再現性の向上だと思います。
言葉だと判りにくいので画を用意してみました。
波形
こんな波形があるとします。
これをまず標準(44.1kHzだと計算が合わないので48kHzだと思って下さいw)の周波数でサンプリングしてみます。
波形基本
うわっ、こりゃ酷い・・・。
大体のサイン波にはなりますが、とても再現しているとは言い難いですよね。
これを倍(96kHz)でサンプリングしてみますと、
波形2倍
大分綺麗な形に見えてきました。これが高サンプリングによる効果です。
しかししかし、やっぱり元の波形の細かい波が消えてしまっています。
なので、更に倍(192kHz)でサンプリングします。
するとどうでしょう?
波形4倍
細かい所まで再現出来る様になりました。
これだとほぼオリジナルと遜色のない波形に変換することが出来るはずです。

まぁこれはかなり大げさに表現してみましたが概ねこんな風になりますので、つまり高音域が出るというのはついでの様なものなのですよ。
だから例えば再生側(スピーカーなりヘッドフォンなり)が『最高音域45kHzまで鳴ります!』とかいうのはあまり重要な事ではないと思われます。
むしろ、より細かなニュアンスを再生出来る感度が重要なファクターです。
メーカーの謳い文句に踊らされないように・・・。
ハイレゾ音源だからヘッドフォンも買い替える?別に対応してない製品でも問題ありませんよ。
それなりの性能があれば、ですが(笑)


もう一つの要素はビット数ですよね。
CDなら16bitで、ハイレゾですと24bitですがこれは一体何という話です。
誰かが『最大音量が違う』とか平気な顔で某掲示板に書き込んでましたが・・・。
この方の言う最大音量とはダイナミックレンジの事だと思われます。
例えば生のオーケストラなら130dB程度とか言われて・・・居たはず^^;
CDだとビット換算で96dBですがちょっとまて。
最大も何も鳴らす時の音量で違うじゃね?という人は正しいです。

つまりですね、考えかたは逆になります。
最大音量を0dBと考えて一番小さい音の再現出来る音量が-96dBなんです。
うーん、とは言え結局ビット数ってなんだか判りにくいですよね。

簡単な例え話ですが・・・
例えば0~100の数字があるとします。
この中間の値を表記したい場合に低ビット数ですと『0、10、20、30~100』の刻みでしか表現出来ません。
もうちょっとビット数を上げてみましょう。
そうすると『0、5、10、15、20~100』と倍細かく表現出来る様になりました。
これが高ビットの恩恵です。

実際には0~100の数字は録音音量(MIN-MAX)でして16bitであれば65536段階で表現される事になります。
これが24bitなら1677万段階という事です。
桁違いに細かいニュアンスが表現出来るのは数字を見るだけで判りますよね。


とこんなでハイレゾ音源には興味津々なんですよ。
ただ、私の欲しい曲とかほとんど無さそうなんですよね・・・。
そこだけがネックです(笑)


因みに、現在NW-F887は大人気につき何処も品切れ状態(ソニーストアでさえ予約を受けられないらしい)なのでもうちょっと悩んでみます。
ソニーストア限定のカラーモデルとか出たら飛びつくんですけどね。
なにせ所持してるNW-A867もソニーストア限定モデルですから(笑)
  1. 2013/11/12(火) 18:45:06|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<PSO2で思う事あれこれ | ホーム | 鋼の心>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://l522.blog83.fc2.com/tb.php/198-bb9bb244
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

けーにっひ(大砲鳥)

Author:けーにっひ(大砲鳥)
当ブログに掲載されている内容の一部又は全部を許可なく転載する事を禁じます(DLリンク含)。
同時にトップページ、該当ページを問わず掲示板等にリンクする事を禁じます。

カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

ゲーム (114)
ETS2/ATS (28)
PSO2 (18)
PCゲーム (1)
EQⅡ (23)
PSP (9)
プリストンテール (27)
ミリタリー (28)
WA M4 (21)
趣味 (55)
CG (41)
クルマ (2)
その他 (19)
日記 (9)

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。