全ては心の中だ、今はそれでいい。

日々の事を書こうかと思ってるけど、いつまで続くやら・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

懐かしい作業

 はいはいこんばんわー。
本当はEQ2ネタで攻めたい所ですが、前回と連動している話なのでこちらが先になりました。
と言ってもこんなブログを熱心に見てる人は居ないだろうからどうでも良いという話も・・・。

ま、まぁ気を取り直して前から引き続きA860の話と思いきや、TA-E9000ESの話だったりします(笑)
実は前回の話を書くにあたって一つやらなければいけない事がありました。

『E9000故障してました・・・』

年式が年式ですししょうがないのかなぁ。。。
数年前にも一度故障したのですが、どうやら前回と同じ症状の様でした。
具体的には、
・電源は入る
・画面が暗い
・連動電源には通電しない
・機能系は動作しているようだが音が出ない
と言った感じです。
あとこちらは機能上問題ではないのですけど、表示のマトリクスが一部欠ける事が前々からありました。
せっかくなので一緒に直したいと思います。

んじゃー、さくっとバラしてみましょ!

はいこんな風になりました。
DSC02194 のコピー
さーて、きっと前回の所が怪し・・・むむむ?
なんか異変を察知致しました。
ほらほらほら、
DSC02194の拡大_
という訳です。。。
ここにはチップ抵抗が実装されて居るのですが、どうも電流が流れまくって発熱しているぽいですね。
ハンダが割れ掛けていたいので突っついたポロっと抵抗が・・・。
とりあえず動作させたいので、適当な基板(PCのマザーボードのジャンクw)から引っぺがして付けておきました!
私のはちょー初期型なのですが、生産途中からパターンが変更になっているみたいですね。
新基板は熱が分散するようになっていました。

これで1個目の修理完了です。
丁度ココらに回路電源系の回路がありまして、その出力が死んでいた為上記の症状になりました。
ついでに周囲のパワーFETなどのハンダ補修もしておきます。


お次は表示系の故障ですねー。
点いたりつかなかったりは典型的なハンダクラックの症状の一つです。
案の定、
DSC02196 のコピー

白い帯状のマーキングされいる箇所が表示部の端子なのですが、見事に50Pin付近の足が◎状に割れているのが見えます(48、49、51、52Pinが顕著)。
こういう場合は勿論全部ハンダ補修対象です、次なったらまたバラさないといけないし^^;

サクサクきます。
DSC02199 のコピー
ふぅ~。
いやべつにこの程度のなら2~3分もあれば余裕もって出来るので一息付くほどでも無し(笑)
別段難しい故障ではなかったので、この程度で済みましたわ。
これがIC故障やらに起因してくると故障箇所を突き止めるまで非常に大変な作業になるわけでして。
メーカーに部品の在庫あるかも怪しいですからね。
(今なら中古で安く見つかる場合があるので、一台キープしておくと良いかも?)

以上、TA-E9000ESの修理でしたっ!


ここで終わりかと思ったら残念ながら続きます。
CDP-555ESJにも一部不具合が出ているので、勢いで一緒に直したいと思います。
たしかこれを買ったのは92か93年ですが、今まで故障らしい故障はしてないのです。このクラスにはソニータイマーは無かった!
前回は姿を見せなかったのでご登場です。
DSC02206 のコピー
なんか堂々としたデザインで良いなぁ^^
この後ソニーは固定ピックアップへと変わっていくのですが、上面からCDを出し入れするので置き方に制約があるんですよね。しかも追従性が以前より悪くて結構トラッキングをミスしていた記憶が・・・。

さて、こちらの故障は単に光デジタルの出力が出ないだけです。
これまたずっとではなく、たまに出るときがある様なのでハンダ割れなどの接触不良が疑われます。
さくっと開けてみましすと、ここが怪しい。
DSC02208 のコピー
コネクターが差してあるのですが、こういうのって結構接触不良の原因になるんですよね。
配線のレイアウト的にも余裕があってコネクタである必要も無さそうなので、つめて配線を地下付けに変更しました。

そうだ、本体を開けるとこんな風になっています。
DSC02209 のコピー

鉄板に銅が塗布されてシャーシを形成していますね。
アンプと見比べてしまうと密度の低い中身です、まあ多ければ良いわけでもないですが(笑)

こちらも当然の様に裏からハンダをチェックしまして、気になる所はハンダ補修をしておきました。
といってもこちらの機種はそこまでハンダ割れの心配はなさそうです。




どちらも簡単な故障でしたが直してみました。
ハンダの補修とは言え、修理をお願いすると1万円~のコースですからね。
基本的に修理の技術料(基本料金)は本体の価格から算出されますので、高い機器は保守も高いんです!
(因みにTA-E9000ES=20万、TA-N9000ES=15万、CDP-555ESJ=9万)
自分で出来るならやったほーが良いですよね!?
とか言ってますが、間違っても勢いでバラしてみるのは止めて下さい。
どうしてもやりたい方は最低限のきちんとした電気製品(電気回路だけではダメ)の知識というか、触る上での作法を学んでから挑むようお願いします。
特にオーディオのパワーアンプは大容量のコンデンサを積んでいますから、間違って触りでもしたら最悪指に穴が開くことは覚悟してくださいね。
(過去に作業中ラジオペンチで端子に触れたら、爆音と共にその部分が溶けて無くなった経験有り)
本当はCRTのテレビが危険なのですが、今はほとんど壊滅しましたからねぇ^^;
プラズマ系は触ったことはないですが内部に高圧部があるはずです、コレも危険危険!


自己責任でチャレンジするのは自由ですけど、やはり修理はメーカー出したほうが良いと思います!
あーでもここでアレを言っておくべきかな?

『助けを借りたい時はいつでも言ってくれっ!(from 特攻野朗Aチーム)』
  1. 2011/12/06(火) 21:17:54|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ブログタイトル変えまーす! | ホーム | A860を聴き比べ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://l522.blog83.fc2.com/tb.php/160-93abc5b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

けーにっひ(大砲鳥)

Author:けーにっひ(大砲鳥)
当ブログに掲載されている内容の一部又は全部を許可なく転載する事を禁じます(DLリンク含)。
同時にトップページ、該当ページを問わず掲示板等にリンクする事を禁じます。

カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

ゲーム (114)
ETS2/ATS (28)
PSO2 (18)
PCゲーム (1)
EQⅡ (23)
PSP (9)
プリストンテール (27)
ミリタリー (28)
WA M4 (21)
趣味 (55)
CG (41)
クルマ (2)
その他 (19)
日記 (9)

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。